Back to ListHome
Bass / Sammy Bug
オープンエリアのトネスプラッシュ、そしてカバーエリアのサミーバグ。 マッディシャローのトップウォーターゲーム制圧、ここに宣言する。
2008年、職人・鈴木美津男の構想の下、「マッディシャロー発・勝てるトップウォーター」として衝撃デビューを果たした『トネスプラッシュ』に続く、新たなトップウォーター『サミーバグ・トネタツチューン』が遂に完成。 鯰用トップウォーターとして、発売された『サミーバグ』をベースに『トネスプラッシュ』では狙えなかった、カバーエリアを徹底的に狙うエクストリームチューンが施した。 自重でカバーを押しのけ、確実に着水する重量に、「避け」と「掛け」を両立する大型ダブルフック、そしてピンスポットで最大限の集魚効果を発揮するプロップとブレードのコンビネーションと言った、カバーの奥に潜むバスを引きずり出す、あらゆる機能を追求した。 水生植物地帯やゴミ溜りと言った、ハードベイトで攻め切れなかったエリアを攻略する新戦力がこの春、遂に解禁。 《対カバー特化機能 その1》 水生植物の上面に乗せ、少しシェイクを加えて着水させる、と言ったカバーの奥の奥へアプローチする事が可能。 今までは自重の重いハンドメイドルアーに分があったが、『サミーバグ・トネタツチューン』は20gを超えるウエイトセッティングを行う事で、それに匹敵する使用感を追求した。 《対カバー特化機能 その2》 「障害物回避性能はフロッグに近く。そしてフックアップ、掛け易さはフロッグの遥か上を目指す。」 職人・鈴木 美津男の目指すルアーには『回避』と『掛け』と言った、相反する機能の両立は非常に困難であったが、これを大型ダブルフックと専用デザインされたベリーアイで補完。 回避するルアーのメカニズムから掛かるフックポイントの位置まで研究を重ねたセッティングが施した。 《対カバー特化機能 その3》 オープンエリアやカバーエリアを問わず、マッディシャローのトップウォーターゲームではピンスポットのアピール要素が多々要求される。 カバーエリアを主戦場にする『サミーバグ・トネタツチューン』は奥の奥にまで潜むバスを呼ぶ為、過剰とも思えるサウンドアピールシステムを採用した。 「トネスプラッシュ」とは明らかに出方が異なる、憤怒のバイトを体感して欲しい。
アイテム 75
商品コード 0375
定価 (税抜き) ¥1,900
全長 75mm
重量 23.0g
深度 0m
タイプ フローティング
フックサイズ #4, #4
イメージ カラー名 番号 75
グリーンパロット 0620
マットブラックラックグロー 1424
グローフレイカー 1425
クラシックグロー 1426
ヤドクオレンジ 1680